債務者の資力は、債権回収で支払う成功報酬と大きく関係します。弁護士事務所へ依頼するとき、トラブルを避けるために必ず押さえておきたいポイントです。

成功報酬型の場合、裁判での勝訴や債務者との和解が案件完了とする弁護士もいます。確かに、案件完了時に債務者との合意や法的な強制執行が得られたことは事実です。しかし、あくまでもお金を支払うのは債務者なので、彼らに支払い能力がなければ債権者の本当の目的であるお金の返済等は果たされません。

弁護士事務所側は適切に仕事を完了したため、債権者に成功報酬の代金を請求します。債権者側としては費用倒れになってしまい、裁判をした分だけ損をしてしまうのです。債権回収の問題が解決した代わりに、弁護士から請求された費用に悩まされることもあるでしょう。そのため、実際に回収できた金額に対して成功報酬を要求する弁護士事務所のほうが安心です。

多くの弁護士事務所では、成功報酬の条件について定義しています。相談時や契約書での説明があるはずなので、条件に問題ないかを確認することが大切です。債務者の資力があるかどうかを自ら調査または弁護士に調査依頼を行い、費用倒れにならないように注意しましょう。